ごきげんよう。

都合がついたので行ってきました!

 

夏のサボテン・多肉植物ビッグバザール

f:id:noazamino:20170612215104j:plain

2回目のビッグバザールです。
今回も朝一で行くことなどせず、しかし前回よりは早めの昼前到着でした。

決して広くはない会場に所狭しと並ぶサボテンや多肉や他の植物と!!
わくわくしますね。お目当てが決まっていて、朝一で並んでたらわくわくより戦場へ赴く気持ちの方が強かったのかもしれませんが。

見て回るだけでも大変楽しかったです。
あとね、せり市ね!

せり市を割と近くで見てたんですが、せりの高揚感半端ないですね。
まぁ、若干いい加減だな…と感じたことはありましたが、まさに札束が飛び交っている場面を目撃できたのは良い体験だったと思います。
30万ポンポン出せるってすごいよね。しかも高額競りは大体同じ方々だったりするからとんでもない世界です。金額もそうですが、いくつも競り落としてそれらを一体どうやって持って帰るのだろうか。

そんなに高額ではない手が出せそうな品もありましたが、せりには参加しませんでした。でも臥牛錦はちょっと欲しかったです。そんなに持ち合わせなかったしね。

この時点で未だ何も購入していなかったのですが、せりを見て何か感じたのでしょうか、どうして植物が増えていくのでしょうか。

 

戦利品

ピクタ

f:id:noazamino:20170612221621j:plain

f:id:noazamino:20170612221601j:plain

今回あっちこっちで見かけた気がします、ピクタ。
美しい形のピクタたちはどこもやはりなかなか手が出ない価格でしたが、この子はひっそりと他のところの何分の一かな、ぐらいだったのでお迎えしました。
そうは言っても同じところで立派なピクタも売られていましたけどね! 何倍かな!!
形が綺麗じゃないとか、模様がどうとか、将来性が…とかいろいろあるんでしょうが、私はこの子が好きよ。

万象 白俊

f:id:noazamino:20170612222253j:plain

万象が来てしまったぞぉおおおおお!!!!!
ピクタと同じところで目が合った(気がした)のです。はぁぁ…美しい。
並ぶ万象の中ではお値段抑え目な子に惹かれたら、仕方ない…。一番高い買い物だった。多分1万越えてたら諦めてた。いや普通に考えて安い買い物ではないんですけど。
でも不思議と後悔はしていません。

ルビーリング

f:id:noazamino:20170612223435j:plain

ピクタと白俊で鼻息荒く会計を済ませたら、「これも持っていかない?」と言われ、流石にここでこれ以上遣うのはためらうわ…と思い、「いやー、今日それほど持ち合わせなくて…すみません」と答えたら、「違う違う! これあげるって言ってるの!」

ピクタと万象買ったら指輪がついてきたでござる。

おじさん気前良すぎてびっくりです。一つ要因があるとしたら、同時期に美しいピクタを複数買うから値下げできませんか…の交渉をしているお兄さんが見事値下げに成功していたので、私にもなにかしらしていただけたのかもしれません。
お店の方も、ちょうどかち合ったお兄さんもありがとう!!

Resnova megaphylla

f:id:noazamino:20170612224331j:plain

「なんだこの葉っぱ、うわぁ…好き!」って感じで購入してきました。球根だって。
なんかね、うまく表現できないのですが、すごく引き付ける何かを持っていると思います。濃いピンクの花が咲くんですって。
うっすら産毛のようなものが生えててそれも素敵です。

大体の育て方も聞いてきたので、奇怪な葉といずれは花を愛でたいと思います。

Drimiopsis sp (Paris Dam)

f:id:noazamino:20170612225002j:plain

f:id:noazamino:20170612224726j:plain

これも球根だそうで。
病気にでもかかっているような水玉の葉にグッときました。

上の方に種が出来かかっていて、熟したらはじけ飛ぶみたいです。種の採取方法もいくつか聞いて、コットンで包んでセロテープで留める方法ならすぐ出来るな、とやってみたんですが、手持ちの分厚いコットンをくくり付けると重さで茎が垂れ下がるのでやめました。この茎にコットンは重い。

 

総括

帰り道でも思ったけど、意外と植物が増えたなと思いました。
これを書きつつ、落ち着いて振り返ってもそう思います。

そして、財布の中身に余裕を持って行かなかったのは良かったです。
最初は、もうちょっと持ってくれば良かった! なんて思ってたけど、持ってなくて良かったよ!!

楽しくも怖さもあるビッグバザールでした。