兵庫県の井戸敏三知事は13日の定例記者会見で、地方創生の一環で進める政府機関の首都圏からの移転に多くの中央省庁が難色を示していることについて「ツケを我々に回されては困る」と述べ、政府は自ら移転に向けて前向きに取り組むよう求めた。打開策はあるのか、との質問に井戸氏は「政府自ら提案したプロジェクトだ。どうすれば移転できるかという仕掛けを政府が検討する必要がある」と指摘した。

 兵庫県は消防大学校など20の政府機関を県内に誘致している。井戸氏は「なぜ、この機関を誘致したいかというのを説明するのが我々の役割」との認識を改めて示した。政府が「いまのような消極的な姿勢だとすると、(政府機関誘致の)実現性は厳しいが、だからこそ我々の意図は十分に伝えていきたい」と語った。